秦 の 始皇帝 暗殺

Add: licomucu67 - Date: 2020-11-29 11:58:52 - Views: 6941 - Clicks: 9139

C221年、最後の一国である斉を滅ぼしてついに天下統一を完成させました。 天下統一を成し遂げた秦王は、王を越える新たな名号を定めるよう群臣に議論させました。 こうして生まれたのが『皇帝』、つまり始皇帝誕生の瞬間でした。 始皇帝はそれまでの諸侯による連合体としての統治体制から法による厳しい統治に切り替えることを行いました。 各地でまちまちだった度量衡や文字、貨幣単位の統一など、全てを秦の基準に切り替えていき天下. 始皇帝陵へ「生き埋めにされた人間」が数百人もいたと言われています。 歴史書「史記」には、こう書かれています。 始皇帝のあとを継いだ「胡亥」は、始皇帝に殉死させるため(実際には跡目争いのライバルを始末するため)、「始皇帝の息子12名、娘10名」を殺害したと記されています。 始皇帝の王子・王女だけで「22」名も殉死させられたのです。 おそらく「胡亥」は、「始皇帝の子供を妊娠している可能性がある人物」を恐れたのでしょう。 その為「子供がいない女性」を殉死させたのです。子供がいる女性がどうなったのかは、想像を絶するものがありますが、まず生きてはいないでしょう。 王族から22人殉死したなら、一般人は実に「数百人」規模で殉死したのでは??なんて噂されています。 一説には、始皇帝は「秦国を支える有能な人材」を失うことを恐れ「殉死」を禁じたと言われています。 ただ、二世皇帝「胡亥」は邪魔者を排除するために、「殉死」を名目として次々と政敵を排除していったみたいですね。 始皇帝は、殉死なんてさせるつもりはなかったのかもしれません。. 秦の始皇帝と、人気歴史小説「三国志(演義)」は、どういう関係があるのでしょうか? 始皇帝の物語をみてみると、お城の名前や地名などが、「三国志」でも登場しています。 「始皇帝の物語」も「三国志」も、現在の「中華人民共和国」の「陝西省(咸陽・長安)」や「河南省(洛陽)」を舞台の中心として描かれています。(秦の都「咸陽」と、三国志の古都「長安」は、ほぼ同じ場所) 「始皇帝」と「三国志」のつながりは、おもに2つ。 ・「秦の始皇帝」が生きていた時代の、約400年ほど未来の物語が「三国志」。 ・始皇帝の「秦」を滅ぼした「漢」という国の皇帝「劉邦」・・・。その「劉邦」とその部下「曹参」や「夏侯嬰」の末裔が、「三国志」の主人公「劉備」や「曹操」。 「始皇帝」が紀元前210年に亡くなった4年後に、「秦」は「項羽」と「劉邦」というの二人の武将に滅ぼされています。 その直後、「項羽」と「劉邦」の間で「楚漢戦争」が勃発。勝利した「劉邦」が「漢」という国をおこして全国を統一。 その約400年後の「西暦184年」に、三国志の始まり「黄巾の乱」が勃発しているのです。 そのため、「始皇帝」の物語に登場する人物の末裔が、「三国志」に登場するということも、よくあります。 例えば始皇帝の宰相「呂不韋」の末裔「呂凱」が、三国志に登場しています。また、「始皇帝」の曽祖父「昭襄王」を苦しめた趙の名将「趙奢」の末裔「馬超」も、三国志で活躍しています。 また「三国志」の英雄「黄忠」は、始皇帝と戦った趙の名将「廉頗」になぞらえられていますし、「諸葛亮孔明」は名将「楽毅」にあこがれているとされています。 ただ、「秦」を滅ぼした「漢」では、みずからの正当性を主張するためか、「始皇帝」は「暴君」として描かれています。 実際には「始皇帝」は、初めて中国大陸を制圧した名君なのですが、漢と「劉邦」を英雄とするため、「始皇帝」は徹底的に「悪役」とされているのです。 「歴史は勝者によって書かれる」という典型的な一例ですね。. 秦の終幕 中華とは何か。中心と蛮夷。万里の長城 秦が敵対する六国を滅ぼしたばかりの頃は、それでもう天下統一、戦いは終わりであった。 だが、世界はもともと七国だけだったのではない。 次第に秦は、自分たちの領域の外の者たちを意識し始める。 秦 の 始皇帝 暗殺 そんな嬴政の前に立ちふさがったのは、生まれ故郷の国「趙国」。 趙国は秦国の侵略にはげしく抵抗。 その趙国には、秦国を苦しめる天才将軍がいました。 「李牧」・・・・嬴政の天下統一をはばむ「2人目の宿敵」。 のちの大歴史家「司馬遷」から「守戦の名将」とあだ名された名将「李牧」。 強力な秦国の軍を相手に、李牧は連戦連勝。 そう考えた秦国の名将「王翦」は、工作員を利用して「李牧が趙国を裏切ろうとしている」とニセ情報を広めます。 これに怒った趙王は、驚くことに「趙国最期の希望」であるはずの李牧を処刑。 圧倒的なチカラをもつ「秦国」と戦える人材を失った趙国は、李牧の死後「3ヶ月」で首都「邯鄲」が陥落。滅亡します。 秦国では、李牧が亡くなると、その死を祝したと言われています。.

. KOUKI T 9,277 views. yoshitoworld1 12,268 views. 秦の暦(こよみ)でいえば、始皇20年のことになります。 また趙が滅びたのは紀元前228年。始皇19年のこと。 この事件が起きた頃には趙が滅んでいて、 秦の領土は東方の燕に接していた ことになります。 そんな勢いのある秦は人口も多く兵も強い。. 春秋戦国時代 名君「武王」と天才軍師「太公望」によって開かれた「周」王朝は滅亡し、中国大陸は列強諸国が500年以上も天下を争うという、戦乱の時代となっていました。 民衆は、平和をもたらしてくれる強力な統率者の出現を夢見て、戦乱と貧困に苦しんでいたのです。 紀元前259年、趙国の首都「邯鄲」で1人の少年が誕生します。 彼の名は「嬴政」。「秦の始皇帝」となる人物です。「天下統一」という偉業を宿命として背負う少年。彼は生涯に「5人の宿敵」たちを退け、天下統一を成し遂げる宿命を背負った王。 嬴政は、戦国七雄と呼ばれた国々のなかでも、最強の国「秦」の王「昭襄王(昭王)」の「ひ孫」です。 王族である嬴政の父「異人」は、「趙国」への人質として「邯鄲」で生活していました。 人質として「嬴政」が趙国に身をおいていたにもかかわらず、「秦」は「趙」をたびたび攻撃していたため、幼い「嬴政」は、いつ殺害されてもおかしくない生活をおくるハメになります。 秦 の 始皇帝 暗殺 趙国の人間すべてから恨まれていた敵国の王子「嬴政」。生き残れたのは奇跡だったかもしれません。 ある日、秦の「昭襄王」が亡くなり、嬴政の祖父「孝文王」が秦王に. 秦始皇(前259年2月-前210年7月11日 ),嬴姓,趙氏,名政,時稱趙政,史書多作秦王政或始皇帝,祖籍嬴国(今山东 济南市 莱芜区) ,生於趙國首都邯鄲(今河北 邯鄲市),是秦莊襄王之子 ,商朝重臣惡來的第35世孫。. 秦の始皇帝のエピソードについて。暗殺未遂事件は、荊軻、高漸離、張良、に起こされた物がありますが、「始皇帝が少人数で夜の街に出かけた時、なんらかの理由で殺されかけた」というエピソードを、YouTubeのゆっく り歴史雑学の動画で見た記憶がありますが、そんな逸話はあるのでしょう.

始皇帝陵には「水銀の川・海」が存在していた 3. 中でも1度目の燕の荊軻の暗殺未遂と、3回目の韓の張良の暗殺未遂が有名である。 中国語 圏では 荊軻刺秦 または 荊軻刺秦王 ( 簡体字 : 荆轲刺秦王 )という名前の 故事 として知られる。. jp2) 第四節「万里の長城」の実態 / p. なので、 ド素人目線の感想 であることを、 予めご了承くださいませ(;^_^a. この暗殺未遂事件は、秦に燕と戦う大義名分を与え、翌年、秦が燕の都を攻略した。 中国初の統一国家 秦 誕生. 1974年(昭和49年)、陝西省のある村から水を汲むために井戸を掘ろうとしました。 すると、何かが鍬にあたった音がして最初は「どうせ壺か何かだろう。」と構わず掘り続けると、それは等身大の人形でした。 最初は村人達もその価値がわからず現地の博物館も現地の保護を命じただけで大して何もしませんでしたが、ある時に偶然通りかかった報道記者がそれが秦代の物であると見抜くと、早速共産党の内部組織に連絡しました。 すると瞬く間に国家文物局が保護を命じ、考古隊が派遣される大事になってしまったのです。 結果、それは『史記』に記された始皇帝の墓であることが判明し、当時一大ニュースとなったのです。 これまで発掘されているのはあくまでその全体の2割程度に過ぎず、現在も調査団によって日々発掘が行われています。 兵馬俑の何がすごいのかというと、何百何千と彫られた彫刻の石像は皆1人ずつ顔が異なり、馬と言いそれが全て等身大で描かれていることです。 兵士の顔の形を見ると、それぞれにその人物がどこの出身であったのか等がすぐにわかります。 兵馬俑は皇帝の馬車を囲むように作られた兵団の形をとっていますが、この隊列や兵の鎧、武器などでどのように軍組織が成り立っていたかが読み取れるというのです。 さらに、この中には武装した兵士だけでなく、音楽隊や文官、書生、儀礼官、さらには力士隊までもが一堂に会しており、始皇帝の軍がどのような様相であったのかを垣間見ることができるのです。 ここから、死後も生前の繁栄をそのまま持っていきたいという始皇帝の遺志を強く感じ取ることができるのです。 ちなみに、始皇帝本人の棺は未だ見つかっていませんが、いつの日か必ず始皇帝本人と会うこともできるでしょう。. 秦の始皇帝が埋葬されたのは、始皇帝陵です。中国では、死者を埋葬する際に、死後の魂が生活するために使用するとされる俑を副葬します。中でも、兵士や馬をかたどったものが兵馬俑です。始皇帝の兵馬俑としては、それぞれ顔が違う約8000体もの俑が出土しており、文人や芸人の形のものも出土。始皇帝の暮らしをそのまま来世に持っていこうとしたものではないか、と考えられています。 そんな始皇帝の大兵馬俑を詳しく知ることができる企画展「始皇帝と大兵馬俑」が、年10月27日から年2月21日まで開催されていた東京国立博物館での展示を皮切りに、年3月15日から6月12日までは福岡県の九州国立博物館で、そして年7月5日から10月2日までは、大阪府国立国際美術館で開催されています。企画展の目玉は、なんといっても等身大の兵馬俑を再現した人形展示でしょう。 その他にも、出土品を解説することにより、秦がどのような国だったのか、始皇帝の事業や、生活の様子を解説するなど、大帝国の知られざる謎を探るような内容となっています。東京開催時には、秦の始皇帝が広く注目されるきっかけともなった漫画「キングダム」に絡めての公演が開催されるなど、入場待ちの列も出来た人気企画展。展示機会としては、現在開催中の大阪府国立国際美術館が最後となりますが、秦国の物語は、企画展や「キングダム」にとどまりません。 KADOKAWAから出版された池野雅博「レッドドラゴン」は、秦が統一された後、滅亡の事件にかかわっていくことになる劉邦と盧綰が主人公です。少年時代から始まる物語は、派手なアクションと新解釈で読ませる作品になっています。始まりを描く物語から、滅亡を描く物語へ。死後も注目される秦の始皇帝は、実在の人物です。年をどんなに重ねても、その偉業が色褪せることはありません。何を考え、生きていたのか.

覇王・項羽と淮南王・英布によって、始皇帝の墓は、暴かれた 4. 秦の始皇帝は、『史記』によれば最低でも4回は暗殺の危機に遭っています。 1回目はかの有名な燕と荊軻による暗殺未遂です。 こちらに関してはあまりにも有名であるため詳細は除外しますが、残る3回はいずれも彼が皇帝になってからの話です。 2回目は高漸離(こうぜんり)という男によってもたらされました。 彼は元々荊軻の友でしたが、荊軻が殺されると隠遁して身を隠していました。 彼は筑(ちく)という弦楽器の名手であったことから演奏で再び世に知られるようになり、始皇帝は彼の演奏を聞きたくて彼を都の咸陽に呼び出します。 しかし彼もまた自分の命を狙っていたことを知っていたため、用心のために高漸離の目をつぶして演奏させました。 果たして高漸離は鉛を仕込ませた筑を演奏中に投げつけてきましたが、目が見えないために的が外れてしまいまたしても暗殺は失敗に終わりました。 勿論、高漸離は即刻処刑されました。 3回目は第2回の天下巡行の時です。. 始皇帝の妻は、どこの誰なのでしょうか? なんという名前なのでしょうか? 結論から言えば、始皇帝の「妻・嫁」が誰なのか、そもそも正妻・正室と呼べる人がいたのかどうかは不明です。 秦の始皇帝には、妻と呼べる人はいたのでしょうか? 人気漫画「キングダム」では「向」と「陽」という仲良し二人組が、秦王「嬴政」の子供を授かっているようですが・・・。 始皇帝の「嫁」については、記録がまったく残っていないので、はっきりしたことはわかりません。 ただ、推測することはできると思いますので、当時の風習や事実から「始皇帝の嫁」がどんな人なのか、そして最期はどうなったのかを、推理してみたいと思います。. jp2) 終論 秦帝国史研究の総括と展望 / p. See full list on rekishiru. 封建制は狭い地域をそれぞれの王が緩やかな統治を行うものでした。 しかし、これは諸侯の独自性が強い反面周王朝に従わない諸侯を周王朝が止めることができない、又は他の諸侯が主君である周王朝を盛り立ててくれるとは限らないという欠点があり、それは現実のものとなりました。 そこで始皇帝が目指したのはそうした反乱を未然に防ぐ中央集権で、地方を治める長官はあくまで皇帝の代理であり何一つ非派遣者の好きにしてはならないという考えでした。 現代の地方の知事や公務員、銀行員を思い浮かべてみてください。 彼らはだいたいの場合国や各組織のトップから定められた任期があり、それが終わると任期満了で別の人間が成り代わりますよね? これはあまりにも在地のスタッフと親しくなりすぎて癒着を行うのを防ぐためです。 いくら長官が中央派遣のエリートでも、その下で実務を行うのはその土地に詳しい在地の人ですよね? いつの時代も賄賂や暗黙の了解で成り立つ政治というのはどこに行ってもありますが、始皇帝は幼少期から人質として暮らしていたという経験からもこうした部分に強く改革の必要性を感じていたのでしょう。 始皇帝は天下統一を果たしてから、中国大陸を36の郡(実際はもっと多かったらしいが。後に48郡となる)に分けてそれぞれに郡太守を置き中央集権の基礎としました。 とはいえ、実際には郡県制に批判する勢力はとても多かったようです。 最たる例が項羽のような秦に滅ぼされた国の一族です。 郡県制はその性急さも相まって秦帝国崩壊の際にいの一番に崩壊しました。 代わって項羽が考えたのが、周王朝以来の諸侯が封建制によって各国を統治する体制でした。 しかし、やっぱりというか項羽に従わない連中が当然現れます。 劉邦もその1人でした。結局、項羽はこうした諸侯の反乱を防ぐことができずに滅んでしまいます。 劉邦は項羽のような分国統治がいつまでも続かないことを見抜いていましたが、いきなり始皇帝のように全国を一斉に郡県制にすることはしませんでした。 都に近い地域は郡県制を採用するものの、その他の地域には旧戦国の諸侯や功臣、一族を置いて王国として統治させる形を取りました。 しかし、この王国も徐々に有名無実化し武帝の時代になるとついには諸侯国は完全に郡県制と実態が変わらなくなり形骸化してしまいます。 これ以後、始皇帝の郡県制は形や名称を幾度となく変え. - 歴史学 解決済 - /02/06 | 教えて!goo. jp2) 第三節 統一秦の二つの城塞-「河上の城塞」と「陽山の亭障」 / p.

始皇帝暗殺の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。歴史上はじめて中国の統一に成功した、始皇帝の暗殺にまつわる. . 「始皇帝」こと『嬴政』は、趙国の首都「邯鄲(かんたん)」で誕生し、数々の強敵を倒して天下統一を成功させた 7.

jp2) 第五節 おわりに / p. 始皇帝の墓を暴いた「二人の王」とは、秦国を滅亡させた「覇王・項羽」と、彼の部下で、後に「淮南王」と名乗る「英布(黥布)」のこと。 項羽は、秦国に滅亡させられた「楚」の出身で、「楚国の名将・項燕」の孫。京劇「覇王別姫」で有名な人物です。 「英布」というのは、罪を犯して「始皇帝陵」の建築作業に駆り出されていた「罪人」 顔に黥(いれずみ)を入れられる刑をくだされたため、「黥布(げいふ)」とあだ名された人物。 始皇帝に恨みを持っていた「項羽」は、始皇帝陵を暴こうとしました。 しかし、墓には多数の罠が張り巡らされていたのです。 そのため項羽は、始皇帝陵の建築に従事していた「英布」に、始皇帝陵の探検を命令。 秦 の 始皇帝 暗殺 英布はその任務を達成し、副葬品・財宝は、ことごとく項羽に没収されてしまったのでした。. 秦の始皇帝こと秦王嬴政は、紀元前259年~紀元前210年に活躍した人物です。幼少期を人質として敵国趙で過ごし、10歳で秦に帰国。父の急死により13歳で即位すると、国内外の紛争に相対しました。最高職の相国となった呂不韋は、若き王にとって因縁の相手。秦王22歳の時、嫪毐が起こした反乱に、呂不韋が関与していたことが明らかになると、彼は服毒自殺してしまいました。 こうしたことを経て、国内は安定。すると、韓、趙、燕、さらには魏、楚、斉と順に攻めていき、秦王政26年(前221年)、秦王が39歳の時に中華を統一、始皇帝となりました。中央集権を採用し、通貨を定めるなど、政治方面に力を入れた秦の始皇帝は、北方防御策として、後の万里の長城となる防壁作りにも着手します。 しかし、4回目の天下巡遊中に、始皇帝は死亡。二世皇帝となって3年後、暴政の濡れ衣を着せようとした趙高によって二世皇帝は暗殺され、次代の子嬰も46日後に誅殺されると、首都咸陽は廃墟となりました。.

秦 の 始皇帝 暗殺 始皇帝 生誕と幼少期 秦人の発祥は甘粛省で秦亭と呼ばれる場所と伝えられ、現在の天水市清水県秦亭鎮にあたる。秦朝の「秦」はここに通じ、始皇帝は統一して、郡、県、郷、亭を置いた&91;23&93; 。. 以下のリンク記事でも、「キングダム」の「人物」「逸話」などについて簡単に理解できるように、わかりやすく解説させていただいております。 よろしければ、こちらの記事も、ぜひお役立てくださいませ。 リンク記事は別タブで開きます。. 始皇帝の死後、秦はあっという間に滅んでしまいます。 しかし、秦の次にできた漢はそれ以降の中華帝国達に神のように崇められるようになります。 漢字、漢文、漢語(中国語)、漢詩、漢学・・・・中国は漢王朝にて生まれたと考える人が殆どでしょう。 ですが、その漢が参考にしたのは他ならない秦です。 劉邦が諸侯に先んじて咸陽に入った際、その腹心である蕭何(しょうか)は有り余る金銀財宝や美女には目もくれず真っ先に書庫に足を運び、秦の法律や行政記録を全て持ち帰りました。 こうして生み出されたのが、秦で行われていた郡県制(巡り巡って現在の行政区画にまで受け継がれている)、度量衡等の統一、貨幣単位といった秦の政治の全てを模倣とした漢の政治でした。 そして、『皇帝』の名号と統一王朝という概念も長い歴史の中で受け継がれていきました。 始皇帝は元々『皇帝』という名号を自分を一世として、二世、三世・・・と永遠に続けていくことを願っていました。 しかし、二世皇帝の死後秦は一旦王国に戻されてしまいます。 次に皇帝が現れるのは劉邦が漢を建国してからでした。 漢以後の王朝では二世、三世・・・ではなく恵帝、文帝、景帝、武帝・・・というように生前の業績を評価して諡(おくりな)をつけて呼ぶようになりました。 これは皇帝誕生以前に先代の王にその行いを評価して諡をつける習慣を踏襲したもので、ここからも秦の発想は当時からすればかなり異端だったことがわかります。 それゆえに、民衆や生き残った諸侯王からの反発も半端ではなかったのでしょう。 ですが、始皇帝の斬新な発想がなければ統一王朝という発想がなかったのも事実でしょう。 始皇帝の遺産はこうして現在を生きる私達に、政治や経済、そして歴史という時間の流れでいつまでも続いていくのです。. 始皇帝陵が建築された時、副葬品としてかなりの財宝が埋葬されたはず。 しかし始皇帝陵から財宝が発見されたという話は、聞いたことがありません。 何故かと言うと、実は始皇帝が埋葬された直後に、「二人の王」が始皇帝陵を荒らしていたからです。. 漫画や企画展示は、実在の人物である始皇帝の思考に触れる一助になるはずです。. 始皇帝という呼び方は、彼の死後に中国最初の皇帝としてつけられた称号です。 彼自身は生涯を通じて『皇帝』を名乗っていました。 しかし皇帝はあくまで肩書です。 では彼の本名は何というのでしょうか? まずはこちらの動画をご覧ください。 原泰久氏の『キングダム』では、姓は嬴、名は政。 つまり嬴政(えいせい)という名前で始皇帝が登場しています。 その他の創作作品でも基本的には嬴政という名前が用いられています。 始皇帝の本名は嬴政ということになります。 しかし、原典の歴史書である『史記』の始皇帝について書かれた秦始皇本紀には、趙政(ちょうせい)という名前が記されています。 これには、始皇帝の前章である秦本紀についてその詳細が記されています。 それによれば、伝説時代に大費(だいひ)という人物が舜(しゅん)から嬴の姓を賜ったことが嬴姓の始まりだとされています。 その後、周王朝の時代に子孫の造父(ぞうほ)が趙城に任じられたことからその子孫は趙氏を名乗ることとなります。 その子孫の中に、非子(ひし)という人物がいました。 彼は周の孝王の時代に馬の生産で功績を挙げたことから秦の地と公の位を与えられます。 秦 の 始皇帝 暗殺 これが秦王朝の直接の起源ということで、秦の歴史は非子から始まるということになります。 『史記』の編者司馬遷は、「秦の遠祖は嬴氏であるが、直接の祖先は造父であり趙氏である。ゆえに秦の国姓は趙氏が正しい。」としています。 これを日本で例えると、安芸の毛利氏は毛利荘という名前の荘園から取った氏であり、本姓は祖先が大江広元であることから大江であるというのと似ているでしょう。 しかし、非子以降の主君達は皆嬴氏を名乗っていることから彼らの名前はあくまで嬴が正統だと考えるべきでしょうか。 始皇帝=趙政のもう一つの由来は、始皇帝が生まれたのが趙の都邯鄲(かんたん)であること、そして母が趙姫であること。 つまり、趙の地にゆかりのある出生から呼ばれたということです。 武田信玄の後継者、武田勝頼は母が諏訪の出身であったことから諏訪勝頼と名乗っていた時期があったのと同じ理論でしょう。 彼の近親である曾祖父、祖父、そして父は史書によると皆趙氏を名乗ったことはありません。 そして始皇帝の息子達も趙を名乗ったという記述は今のところ一切ないようです。 始皇帝の出生に話を絡めると、彼が生まれた時の主君は曾祖父の昭襄. 当時の秦では、亡くなった夫への貞操を貫く意味がないと考えられていたことも、かなり重要な点であると思われます。 「嫪毐 (ろう あい) と不倫関係にあった」という説明そのものが、秦当時は不成立です。夫が死んだ女性は不倫も何もあったものでは.

いかがでしたでしょうか? 始皇帝1人のために、多くの学者や作家が長い歳月をかけて研究を続けてきました。 それは彼の行いが正しいか間違っているかは別として先人の遺産が現代の我々にどれだけの恩恵を与え続けてきているか、という壮大な人の営みを我々は本能的に知りたいという知的好奇心を持ち続けているからに違いありません。 今あなたがこうしている時間にも、決して少なくない人の営みが詰まっているのです。 それは道具であったり文明であったり、はたまた命であったり、我々はその事を絶対に忘れてはいけません。 始皇帝は長い歴史の中で、常に悪者として扱われてきました。 しかし、彼無くしてはその後の時代は全く違うものとなっていたに違いありません。 秦 の 始皇帝 暗殺 だからこそ、後世の皇帝達も始皇帝の歴史を学びそれを実際の治世に活かしてきたのです。 『キングダム』の始皇帝は未だ若年ですが、彼が物語ではどのように変化していくのか、それもまた見どころの1つですね。 【関連記事】 キングダムの王騎は実在した?モデルの人物は本当に最強だった? 【関連記事】 キングダムの信は実在する人物?モデルになった李信について解説!. 先述した通り、始皇帝の生い立ちは波乱万丈でした。 キングダムと中国の歴史!史実を解説!でも詳しくお伝えしましたね。 有名な話として、始皇帝は父である荘襄王の子ではなく宰相の呂不韋の隠し子であるという説が『史記』が記された時代から流布しています。 まあ、真偽はさておき本来ならとても後継者となれるような立場にいなかったのは本当のところです。 さて、荘襄王が主君となると趙に人質として残されていた嬴政もまた秦に連れ戻されます。 そして父が死去すると、僅か13歳で秦王となりました。 しかし、少年の彼に権限はなく実際は宰相の呂不韋が実権を握っていました。 呂不韋は趙姫の元主人であったことから密かに趙姫と関係を持っていましたが、それを警戒して嫪毐(ろうあい)という男を宦官に仕立てて趙姫を彼に預けました。 嫪毐は趙姫との間に2人の子供を儲けてしまいます。 これがきっかけで、嫪毐は自分の立場が危うくなることを恐れて嬴政に反乱を起こすことを企図しました。 しかし、これが事前に漏れて嬴政はあっという間に嫪毐を滅ぼし、次いで嫪毐を登用した罪で呂不韋を失脚、そして自害に追い込みます。 こうして、嬴政はやっとの思いで親政を始めることとなるのです。 それ以降の嬴政は、既に祖先が築いた基盤をもとに戦国七雄(秦・燕・斉・楚・趙・魏・韓)を滅ぼし天下統一を本格的に計画・実行に移します。 特に、趙を滅ぼした際にはかつて自分を虐げた者達への恨みから関係者を皆生き埋めにしたと伝わります。 秦は元々辺境の一諸侯に過ぎませんでしたが、富国強兵を目指す上で他国出身者を頻繁に登用していきました。 急速に国力を発展させようとする秦を警戒して、その他の国々は経済テロや刺客を次々と送っていきますが、秦はそれを逆手にとって逆に国力の発展と他国を滅ぼす大義名分を手に入れ、瞬く間に領土を拡大していきます。 そしてB. オモシロかった です♪ ヾ(^ ^)/ ♪ 「始皇帝暗殺」というから.

秦 の 始皇帝 暗殺

email: ahuma@gmail.com - phone:(732) 672-9398 x 1626

旅 の はじ は かきすて 意味 -

-> おり も 政夫 スケジュール
-> ドグマ 映画

秦 の 始皇帝 暗殺 -


Sitemap 1

二階堂 ふみ 金魚 -